HomePortrait ≫ Saki

立岡咲樹さん Saki Tateoka  2006.8〜2009.11

 彼女は・・・言わば、僕を育てて下さったお方。もっとも、僕が一方的に彼女に入れ込んで、撮り続けただけかもしれないけれど。

 まだ、撮影に自信がない状態で、まして頻繁に撮影できる訳でなく。何か起爆剤がないと、自分は未熟な写真を量産するだけ・・・。背伸びをして、難しいテーマに敢えて挑戦する事で、伸びられればいい。ギター暦2年で「シャコンヌ」に挑んだ時も、そうだった・・・。そう思った僕は無謀にも、テーマから場所から何から何まで自分で設定する、というスタイルの撮影に踏み込みました。そして、その撮影のモデルに選んだのが、前々からその長い黒髪に魅かれていた立岡咲樹さん。

 そして初めて撮影させて頂いた日の夜、僕は「彼女なら」と思っていました。

 事実、僕はその後2年間に渡って、脇目を振らず彼女の撮影だけに没頭します。やがて、僕の中では「自然な」「現実感」「非演出」といったキーワードが生まれ、それは次第に色濃くなって行きました。
 ・・・しかしそれは、結果的に僕自身を追い詰めていきます。楽しい筈の撮影が、次第に重荷になって行きました。そして、2008年の夏を最後に、撮影は頓挫してしまいました。

 再開のきっかけを掴めないまま1年が経ち、その日、僕はWEB上である事実に気付きました。

 それは彼女との再会であり、そして彼女とのお別れでした・・・。

立岡咲樹さん撮影の作品は、別サイトになっています。、どうぞご覧になって下さい。

Saki Tateoka Fan-Site

ご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。